漢方同仁堂安宮牛黄丸(あんぐうごおうがん)自然治癒力を高める!

    同仁堂安宮牛黄丸は薬理研究により、本品は鎮静、抗痙攣、解熱、抗炎、降低血圧の効果があり、また個体の酸素消費量を降下させる作用もあります。
同仁堂安宮牛黄丸販売規格販売規格 : 3g x 2丸
  販売価格 :6000円(税込)
購入ページへ
同仁堂安宮牛黄丸
          低い価格で同仁堂安宮牛黄丸を販売する会社があります、偽者商品の可能性がありますので!
◆同仁堂安宮牛黄丸商品の紹介
薬理研究により、本品は鎮静、抗痙攣、解熱、抗炎、降低血圧の効果があり、また個体の酸素消費量を降下させる作用もあります。 解毒、消炎、鎮熱、消腫。脳血管障害による手足麻痺、脳卒中後遺症、脳の炎症、悪性腫瘍等に、免疫力アップ特に、過敏性体質の改善。細菌内毒素性脳損害細胞にかなりの保護作用 があります。本品のエキス剤と丸剤の薬物は同じで、効果も同じですが、報告によるとエキス剤は丸剤より効果が著 しく 吸収しやすい。急性病状に一番理想的な薬です。
◆同仁堂安宮牛黄丸の服用方法
成人:1日1回 一丸/1回
小児:3歳以下 1回1/4丸 4~6歳 1回1/2丸 1日1回。
◆同仁堂安宮牛黄丸の主要成分
牛黄、水牛角濃縮粉、麝香、珍珠、朱砂、雄黄、黄連、梔子、郁金、冰片から成ります。
◆同仁堂安宮牛黄丸の保管方法
密封し、日の当たらない乾燥した涼しい場所で保管してください。
  • 同仁堂安宮牛黄丸
  • 同仁堂安宮牛黄丸
  • 販売価格:6000円(税込)
  • 販売規格:3g x 2丸
  • 配送方法:EMS 送料1200円 (2万円で送料無料!)
  • 購入ページへ

◆同仁堂安宮牛黄丸-【功能】

     1、本品は清熱解毒、鎮驚の物である。現代臨床では流行性脳脊髄膜炎、B型脳炎、中毒性脳病、脳血管意外、中毒性肺炎、中毒性下痢、中毒性肝炎、肝昏迷、尿毒症及高熱痙攣等に優れた効き目を現わした。

    2、薬理研究により、本品は鎮静、抗痙攣、解熱、抗炎、降低血圧の効果があり、個体の酸素消費量を降下させる作用がある。細菌内毒素性脳損害細胞にかなりの保護作用がある。

◆同仁堂安宮牛黄丸-【注意事項】:

妊娠中は服用禁止。

◆同仁堂安宮牛黄丸

安宮牛黄丸は伝統的な中薬(漢方)救急薬品で、特に高熱、意識不明、昏睡を伴う中風(脳卒中)、片麻痺(半身不随)、言語障害などの救急治療薬です。 また、脳損傷、意識障害、乳児小児の重症肺炎、高熱痙攣、中毒性下痢、大脳発育不全に伴う高熱、昏迷、痙攣など緊急時の救急薬で、“温病(疫病)三宝之一”と呼ばれます。 近年の薬理研究によると本剤は解熱、鎮静、抗痙攣、抗炎症、血圧降下、脳血流増加、肝庇護および肝解毒作用も持っており肝性脳症および肝臓癌による発熱、黄疸、右季肋部の痛み、消化道出血などの治療にも用います。

【商品製作】広州中一薬業
【形 質】漢方薬として安宮牛黄丸は黄橙色或いは紅褐色の大蜜丸です。
種類:  涼開剤
出典: 温病条弁
方意: 本方で治療できる神昏譫語は、温熱の邪が内陥心包によるものである。 痰熱閉阻は邪熱壅盛、蒙蔽心竅を起こす。 だから、神昏譫語、煩躁不安が見られる。 中風昏迷、小児驚厥は熱閉証である。 治療は芳香開竅で、心包熱毒を清解し、痰濁閉阻を開泄する。 方中の牛黄は清心解毒、豁痰開竅し、麝香は開竅醒神し、共に君薬である。 犀角は清心、凉血、解毒で、黄連、黄芩、山梔子は清熱、瀉火、解毒で牛黄を手伝って心包の火を清す共に臣薬である。 氷片、鬱金は芳香闢穢、通竅開閉で、麝香の開竅醒神の効を増強する。 清熱瀉火、凉血解毒薬と芳香開竅薬を配伍するのは凉開の方剤の配伍の特徴である。 朱砂、真珠は鎮心安神で、煩躁不安を除き、雄黄は牛黄を手伝って豁痰解毒を果たす。 共に佐薬である。 蜂蜜は和胃調中で、使薬である。 金箔衣は重鎮安神の効がある。 本方は清熱開竅の重要方剤であり、およそ熱邪内陥心包、痰熱閉阻による神昏譫語に適応する。
漢方同仁堂安宮牛黄丸(あんぐうごおうがん)は救急用漢方薬です。All Rights Reserved.同仁堂安宮牛黄丸
shanghaikanpo.com © 2012 Copyright,ALL Rights Reserved.